回復の難しい大腸がん|定期的に検診を受けて予防する

医療の原点に最も近い場所

女性

世田谷区エリアでは在宅医療体制が充実しており、自宅での療養を希望する人も増えています。定期的な訪問診察を前提とする在宅医療は、医師との信頼関係を新たにする場でもあります。自宅での治療に切り替えたことで余命が大幅に延びた例も少なくありません。治療技術の進歩によって、医療は原点へと回帰しつつあるのです。

もっと読む

治療すべき脱腸とは

聴診器

鼠径ヘルニアは、脱腸とも呼ばれるもので本来あるべき位置の腸が逸脱し、鼠径部付近に突出してしまうものです。鼠径ヘルニアは腸閉塞を起こすような状態でなければ違和感や鈍痛があるものの日常生活に支障きたすものではありません。治療法では手術が一般的で切開して腸を元に戻すといった治療が行われます。

もっと読む

新しい治療方法の1つ

カウンセリング

病を治そうとする自然治癒力を活性化して治療する方法に、免疫療法があり他の治療法と併用できる点や副作用が無いなどの特徴を持っています。注意したい点としては、免疫療法の専門医であるかどうかを病院の設備や医師に直接確認して確かめましょう。

もっと読む

自分の体を大切にする

ドクター

私たちは毎日健康に過ごしたいと考えていますが、実際に生きている過程において様々な病気を起こすと言われます。 病気でも軽いものから、命に関わる重大なものまであります。 普段よくかかる風邪といったものなら回復は早いですが、病気の中でも特に恐れられているがんにでも患ったなら回復も難しくなります。 人の命を脅かすとして、非常に恐れられているがんでありますが未然に防ぐことが可能なのです。 すべてのがんにおいて言えるのですが、定期的ながん検診を行うことで避けられる病気です。 その事から世の中では、がん検診のすすめを大勢の人に呼びかけています。 がんは体のいろんなところにできる悪性腫瘍でありますが、なかでも気を付けたいのが大腸がんと言われます。

絶対に防ぎたい病気にがんが挙げられますが、残念なことにがん検診を怠ったためがんで尊い命を落としている人が増えています。 がんにも種類がありますが、最も増加傾向にあるのが大腸がんと言われています。 大腸がんは初期の間、ほとんど自覚症状がなく検診でわかったときには、手遅れだったというケースが多々あります。 そこで重要になるのが、定期的ながん検診というわけです。 大腸がんの場合は、二年に一度受ければよいと言われているので、がんを早めに発見するためにも検診は欠かさないようにしましょう。特に40代を超えた方の場合、自治体が大腸がんの検診費用を補助してくれる場合が多いです。発症してからでは遅いので、医療機関での内視鏡検査等を定期的に受けることが大切です。