回復の難しい大腸がん|定期的に検診を受けて予防する

治療すべき脱腸とは

聴診器

脱腸治療の特徴

脱腸は、鼠径ヘルニアのことで鼠径部に現れるものです。内容としては腸が何らかの理由で腹壁を通りぬけ本来あるべき位置から逸脱する状態となります。脱腸といっても発生する場所によって名称が異なり、足の付け根側にあるものを内鼠径ヘルニア、それより外側にあるものを外鼠径ヘルニアといいます。また大腿部にかけて発生するものは大腿ヘルニアと呼ばれます。いずれも左側で発生するもので、腹壁を突き抜けた状態になります。押せばもとに元通りに戻る場合には問題ありませんが、戻らない状態になると腸が圧迫された状態となり、最悪の場合には腸閉塞を引き起こすことになります。また重症化しなくても違和感や鈍痛などを感じることになります。治療方法としては手術による治療で皮膚を切開して、腸を腹壁の中に押し戻すといったものになります。また単に押し戻すだけでなく補強材を入れることで腹壁を強化するといった方法も行われます。

治療の選択

鼠径ヘルニアは、腸が圧迫されたような状態でない限り、特に支障をきたすわけではないので積極的な治療を行わないケースがあります。これは手術をしても再発する可能性があるためです。ただし身体が未発達な幼児や、行動の自由がとれなくなった老人の場合には手術を行って脱腸の状態を改善するのが一般的です。また手術のうちでも補強材を入れる場合には、補強材を長年にわたって体内にとどまらせることになります。このため緊急性のあるものでなければ手術をしないことがほとんどです。一方で手術以外の改善方法としては体重を減らすことや筋肉を増やすといったことがあります。体重が重いと臓器に掛かる負担が大きく鼠径ヘルニアになりがちです。また筋肉が弱ることでも発生しやすく鼠径部の筋肉を鍛えることで改善させることが可能です。